引っ越し費用を下げるためのポイント


引っ越し費用を下げるにはポイントがあります。
ポイントを見極めて最も効果的な引っ越しを実現することが重要となります。
一つは 「自分の属性を見極めること」 もう一つは 「自分の属性に見合った業者を正しく選定すること」 です。

このポイントを踏まえ、 ちょっとした細かいアイデアを実践することで引っ越し費用を抑えることができるのです。
引っ越しはやり方しだいで費用にかなり差のでるイベントです。 正しい引っ越しのやり方を身につけ、最安値の引っ越しを実現させましょう。

1)自分の属性を見極める


まずは自らが住んでいる場所、家族構成等、属性を見極めることから始めましょう。
・住んでいる場所は?
・家族構成は?(1人?、家族あり?)
・運搬物の量は?
・不要品の量は?
・引っ越しの準備に費やせる時間は?
・今まで引っ越しをしたことがある?
上記を明らかにするだけで引っ越しの際に見積もりを頼むべき業者が明らかになり、
費用を安く抑え、最も効率的な引っ越しを実現できるのです。


2)属性に合った業者を見極める


そして2つ目に必要なのは、自分の属性に合った業者を見極めることです。
引っ越しには、「見積もり業者」「引っ越し業者」の2パターンがあり、
まずは自分の属性にあった「見積もり業者」にお願いすることが最初に重要なステップとなります。
・地方に強い or 首都圏に強い
・サポート内容が充実している or サポート内容は限定的だが費用が安い
・引っ越しの役立ち情報が充実している or 情報は限定的だがスピーディ
・不要品も買い取ってくれる or 買い取りまではしてくれないが費用が安い
等、見積もり業者によって強みが様々なため、属性に応じて選び分けることが肝要となります。


1:地方在住の方

「引っ越し侍」でお見積り

2:じっくり情報収集して引っ越しに望まれたい方

「ズバット引っ越し」でお見積り

3:東京23区在住で不要品処理を同時に行いたい方

「引っ越し達人」でお見積り

4:引っ越しが初めての方、時間が取れない方

「引っ越しラクっとNAVI」でお見積り

引っ越し費用をさらに抑えるために一般的に実践されているアイデア


上記に記述した引っ越しに欠かせないポイントを踏まえた上で、 さらに世間一般的に行われている方法により出来る限り費用を安くできます。 なるべく実践し最も効果的な引っ越しを実現しましょう。


1.繁忙期を避け、なるべく引っ越し業者の都合に合わせる


引っ越しの見積もり、及び業者の選定という準備が完了しても、実行するにはまだ早いです。
実は引っ越しをする日取りもコストに大幅に左右してきます。実は引っ越しの繁盛期とそうでない時期では倍以上も費用に差がでてくることも珍しくありません。
旅行と同じ要領で人気な時期、日にちはそれだけ業者も忙しくなるため、それだけ費用も高くなる傾向にあります。
具体的に最も費用の安い月は6月、7月、11月等、これらは4月や9月10月など引っ越しが繁盛期となる直後の月で、
引っ越しを希望する人がグッと減るため、費用が安くなる傾向にあります。
また月の他にも、引っ越しのしやすい「連休日」等、休日は必要以上に高額な引っ越し料金が掛かってしまいますので、
連休週の次週の「土日」や「平日」を選択することで、人気に無い日取りに実行することで繁忙期を避けましょう。
急を要する引っ越しでなければ日取りは最も重要な要素を占めてきますので、慎重に選んで実行に移すことで大きなメリットが見込めます。
またなかには、転居先に荷物を届けてもらう日程を引っ越し業者の都合に合わせると、料金の割引が適用されるケースもあります。


2.不要品買い取り業者を選択しない場合必要ないものはリサイクルショップへ


見積もり、引っ越し業者の選定、日取りが決まったら、いよいよ引っ越し作業となります。
実は引っ越しに関して見積もり時の金額が全てではありません。基本的に、引っ越し業者に支払う料金は、荷物を運ぶ距離、及び荷物の量によって決まりますので、
要らないものが処分することがコストを削減し、逆に換金することで対価を得ましょう。
既にご紹介した見積もり業者の中には不要品の買い取りサービスを行っている業者もあります。
しかし、自分の属性に合った業者でなければ利用することがお勧めしませんので、
不要品買い取りサービスが無い業者を選択した場合は近くのリサイクルショップに持ち込むことでコストを削減しましょう。


3.自分たちで運ぶことのできないものだけ引っ越し業者に依頼する


不要品に出すものを選択し、いよいよ運び出す段階になったとしても、まだまだコストを抑える方法はあります。
次のステップとして、自ら運べる荷物は自分たちで運んでしまおうということです。
既述ですが、引っ越しの料金が「運ぶものの量」と「距離」で決まってきます。
両親や兄弟、友達、頼めるものは全て自分で調達し運んでしまうことで、大幅にコストを削減することができます。
家具や冷蔵庫、基本的には
「梱包が必要になるもの」と「大きくて運べないもの」
のみ引っ越し業者に依頼するようにしましょう。
なるべく早い段階で頼めそうな方には協力依頼を出しておくことで、無料の引っ越し部隊を募りましょう。


4.引っ越し業者にお願いする梱包材料も無料で調達する


今までのステップにてコストを削減しても、実はまだまだコストを削減することができます。
それは引っ越し業者にお願いする時に必要なダンボール等の梱包材料です。
実はたかが段ボールといえど、買うと意外とお金が掛かってしまいます。
大型スーパーやドラッグストア等いくことで、不要な段ボールや使用済み梱包材が大量に確保可能な場合があるので、無料で調達し上手く活用するようにしましょう。


5.転居前の住居が賃貸の場合は、掃除や修復に力を入れる

最後に、引っ越し先に関しての準備が整ってもまだ終わりではありません。
引っ越しをする前に今一度転居前の住居について考えてみましょう。
転居前の住居が地衣体契約である場合、賃貸契約を解約する時に戻ってくる敷金が少しでも多くなれば、それを引っ越し費用に充当出来ます。
現状復旧に力を入れて、綺麗な状態で部屋を解約する努力をしましょう。


以上のように、自分のとって最善の業者と日付を選択し、出来得る限りの工夫を凝らすことで、 大幅に費用を削減する余地はあります。
当然、「工夫」と「時間」はトレードオフの関係にあるので、予め予算を設定しておき上手くバランスを見て計画、実践するようにしましょう。

まずは引っ越し一括見積もりサービス4社から見積もり開始!


サービス名 引っ越し侍 ズバット引っ越し 引っ越し達人 引っ越しラクっとNAVI
会社名 潟Gイチーム 潟Eェブクルー 潟Oライド 潟潟xロ
特典 最大10万円キャッシュバック+割引クーポン贈呈 最大10万円現金バック+5種類のお祝い特典 一括見積で引越代金が最大55%OFF。引越申込で最大6万円のお祝い金を全員に。不要品買い取りサービス有り。 見積もり以外にもお部屋探し、不用品処分、インターネットの手配など引っ越しに関する無料サポートが充実。
主な対象 提携社数No1とカバーしている領域の広さから地方在住の方向け 引っ越しに関する役立ちコンテンツが充実。じっくり業者を見極めて引っ越しされたい方向け 東京23区在住、不要品処理を行いたい方向け 引っ越しに関する無料サポートが充実していることから引っ越しが初めての方、あまり時間を作ることができない方向け
信頼性 5 5 4 4
お得感 4 4 5 5

1:地方在住の方

「引っ越し侍」でお見積り

2:じっくり情報収集して引っ越しに望まれたい方

「ズバット引っ越し」でお見積り

3:東京23区在住で不要品処理を同時に行いたい方

「引っ越し達人」でお見積り

4:引っ越しが初めての方、時間が取れない方

「引っ越しラクっとNAVI」でお見積り